ALOS-PALSAR Polarimetric Images
Detail

[地球が見える] 黒潮の蛇行
Detail

[地球が見える] GPM主衛星が観測する3D降水データ等の提供
Detail

社会に役立つ衛星観測(台風)
Detail
Search Results : 231
Type
Field
Guide
Search



『地球環境変動観測ミッション(GCOM)衛星利用シンポジウム 「しきさい」と「しずく」が捉えた地球』 開催のお知らせ
2019年12月20日(金)に、GCOM衛星利用シンポジウムが開催されます。 本シンポジウムは、地球環境変動観測ミッション(GCOM)を構成する 2機の衛星、2012年5月に打上げた水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W) および2017年12月に打上げた気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)の 両者揃った観測データの提供一周年を機に開催されるものです。 日時    :2019年12月20日(金)13:30~18:00(開場13:00) 開催場所  :御茶ノ水ソラシティ2F ソラシティホール【WEST】 主催    :宇宙航空研究開発機構(JAXA) 後援(予定):内閣府宇宙開発戦略推進事務局、文部科学省、経済産業省、気象庁、海上保安庁、他 参加申し込み:以下にて参加申し込み(事前登録)を受け付けています(定員300名、参加費無料) WEB   :http://www.pco-prime.com/gcom_sympo2019/ お問合せ  :シンポジウム事務局 TEL 03-6277-0117(㈱プライムインターナショナル)
<消費税法改正に関するお知らせ>
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に変わります。 改正に伴い、ALOS/ALOS-2製品についても新税率が適用されます。 また、9月中に消費税率8%でご注文頂きました製品につきましても、 納品が10月1日以降になる場合には新税率が適用されますので、 誠に勝手ではございますが、改定後の消費税率10%との差額について 後からご請求させて頂きます。 ご不明な点がございましたら、下記までご連絡を頂けますと幸いです。 order@alos-pasco.com 皆様のご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
Coastal Environment Monitoring: Seribu Islands (Indonesia)
This is the image of Tidung island and Tidung Kecil island acquired on April, 2017. These islands are parts of Seribu islands, resort area located in the Bay of Jakarta. (Note) This image is processed for web display use. Tidung island and Tidung Kecil island are parts of Seribu islands consisting of about hundred islands in the Bay of Jakarta. Seribu islands is one of the important areas for tourism surrounded by nature such as coral reefs, seagrasses, seaweeds, and mangroves. Indonesian government is aiming at balancing between tourism and nature conservation in the area, and monitoring of natural environment and tourism infrastructures with high resolution satellite image can contribute to achieving the goal. The images above are a satellite image around the bridge between Tidung and Tidung Kecil island and photos taken during field survey. Seagrasses, coral reefs, fish cages, mangroves and pier can be detected from the satellite image. (Note) This image is processed for web display use. This is the image of Kelapa island and Harapan island, parts of Seribu islands as well (acquired on June 2017). (Note) This image is processed for web display use. The image above is the enlarged satellite image of Harapan island and photos taken during field survey. You can see the difference in growth level of manmade mangrove forest from the satellite image. Environment inside lagoon also can be understood from the satellite image. Lagoon is a home to diverse creatures, and high resolution satellite image can be useful to monitor them. (Note) This image is processed for web display use. (Note) The images in this article are based on the results of outsourcing projects of the Ministry of Economy, Trade and Industry. ASNARO-1 : http://www.jspacesystems.or.jp/en_project_asnaro/ Courtesy of METI : http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
沿岸環境モニタリング:セリブ諸島(インドネシア)
2017年4月に撮影されたインドネシアジャカルタ沖のリゾート地、セリブ諸島の一部であるTidung島とTidung Kecil島の画像です。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 Tidung島とTidung Kecil島はジャカルタ沖に浮かぶ約百の島々からなるセリブ諸島の一部です。セリブ諸島はインドネシア政府が観光地として開発に力を入れている地域の一つで、サンゴ礁、海藻、海草、マングローブなど豊かな自然に囲まれています。政府は観光と環境保護の両立を目指しており、高分解能衛星画像による自然環境や観光施設のモニタリングはその実現に貢献できると考えます。 上記はTidung島とTidung Kecil島を繋ぐ海上遊歩道周辺の拡大衛星画像と現地写真です。衛星画像上で海草、サンゴ、養殖施設、マングローブ、桟橋を確認することができます。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 こちらの画像は同じくセリブ諸島の一部であるKelapa島、Harapan島周辺の画像です(2017年6月撮影)。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 こちらはHarapan島の拡大画像です。人工的なマングローブ林の生育状況の違いが衛星画像から読み取れます。また、周囲より水深の深いラグーンの内部も画像から知ることができます。ラグーンは多様な生物が生息しており、その生息状況のモニタリングにも高分解能衛星画像が活用できると考えられます。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 (注) 本記事に掲載された画像は、経済産業省の委託事業の成果を利用したものです。 ASNARO-1:http://www.jspacesystems.or.jp/project_asnaro/ 画像提供:METI http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
Disaster Monitor
(Note) These images were processed for web display use. Earth observation satellites could monitor the place where is some dangerous on ground or could not be taken image from an airplane. One typical example is a volcano. A volcano has dangerous aspect, i.e., we could not know when it will start explosion. This image is Mt. Sakurajima in Kagoshima Prefecture in Japan. It is one of the active volcanos and it makes many effects to the nearby residents. Mt. Sakurajima (literally it is Cherry Blossoms Island) is 1,117m high and it was originally a real island. But in 1914, it made big explosions and it combined with Osumi Peninsula. Now it has two major craters. Its activity is some times high and regularly surveillances are made. Following images shows these two craters and the connecting point to Osumi Peninsula. Typical lava is observed from the center to the seashore. Also we can see many fishing rafts at bay. Connecting made nice calm points for fishing in this area. Volcano makes many disasters but also it leaves many benefits. (Note) These images were processed for web display use. (Note) These images were processed for web display use. Next is a flood disaster. In September 2015, the wide area of eastern Japan was attacked by heavy rains. The following image is Joso City where Kinugawa River made flood. The river colored to beige with sands and it overflowed to rice fields. These were unexperienced damage to the people. Joso City has Kinugawa River in central with very flat area. This means some potential of disaster. (Note) These images were processed for web display use. On the other hand, in Miyagi Prefecture experienced same kind of damage. The following image is at Taiwa Town. The beige water run down in the river and overflowed to rice fields. We can distinguish many blue sheets on roof which is used to the instant repair of the damaged roof. (Note) These images were processed for web display use. These images were taken in the following days by ASNARO-1 and processed for web display use. Image 1 (Sakurajima Island) 2016/02/07 Image 2 (Joso City)     2015/09/12 Image 3 (Taiwa Town)     2015/09/17 (Note) The images in this article are based on the results of outsourcing projects of the Ministry of Economy, Trade and Industry. ASNARO-1:http://www.jspacesystems.or.jp/en_project_asnaro/ Courtesy of METI : http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
災害の監視
※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 地球観測衛星では、危険を伴うなどの理由から、直接地上から観測できない場所や、航空機で観測できない場所が観測できます。ひとつの例は火山です。火山の噴火は時として人知をこえるところがあり、地球観測衛星での観測が有意義なもののひとつです。この画像は、鹿児島県の活火山、桜島です。 桜島は標高1,117m、もともとは島でしたが、大正時代、1914年の噴火で、東側に流れ出した溶岩が海峡を埋め、大隅半島と陸続きになりました。現在は2つの火口が形成されており、定常的な活動が観測されています。この、時には人を寄せ付けない2つの火口と、島で無くなってしまった陸続きの部分を拡大したものを下記に示します。過去の溶岩の流れが大きくせり出しているのがわかります。また、右下の湾にはせき止められ穏やかになった海面を利用した多くの筏状の釣り船が見られます。火山は災害をもたらしますが活用する資源ももたらします。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 続いて水害の状況把握です。 2015年の9月の大雨による被害は広範囲におよびました。 常総市は中央に鬼怒川が流れその両側に平坦な土地が広がっています。下記は常総市の常総インターチェンジ付近の画像で、鬼怒川も流れています。鬼怒川の流れは土色となり、あふれ出した水で田畑も土色になっています。いままでに経験したことのない大規模な災害となりました。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 東北、宮城県でも水害が相次ぎました。下記は大和町のその時の様子です。茶色く染まった川の水は土手からあふれ、田畑も茶色に染めています。また被害を受けた家屋などに使用されているブルーシートも観測することができます。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 以上の画像はそれぞれ下記の日にASNARO-1により撮像されたものをWeb表示用に圧縮加工したものです。 1例目(桜島)  2016/02/07 2例目(常総市) 2015/09/12 3例目(大和町) 2015/09/17 (注) 本記事に掲載された画像は、経済産業省の委託事業の成果を利用したものです。 ASNARO-1:http://www.jspacesystems.or.jp/project_asnaro/ 画像提供:METI http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
Fixed-point observation
(Note) These images were processed for web display use. Fixed-point observations by an earth observation satellite are used for the abstraction of changes caused by the disasters and the constructions etc. Nishinoshima Island, a small island in Pacific Ocean, made several eruptions and its figure were drastically changed. It restarted the eruptions again from April 2017. It made the new changes in its shape. Some lava flew down from the top of the mountain to the southwest, and it made two lava rivers to the sea. (Note) These images were processed for web display use. The changes from 2014 are shown above. The big changes were till 2016 and now new changes started in 2017. Satellite observation where some dangerous places like volcano is one of the useful points of satellite. Another example is the Japanese ancient city, Kyoto where many roads are crossed. Not so drastic change is seen in Kyoto but we can distinguish some changes using detail images. (Note) These images were processed for web display use. Enlarged images of orange circled area of above is shown in the below. Compared these images shows some buildings were teared down and after that excavations were followed. Kyoto is an ancient city and some times this kind of things happens. (Note) These images were processed for web display use.   These images were taken by ASNARO-1 and processed for web display use. (Note) The images in this article are based on the results of outsourcing projects of the Ministry of Economy, Trade and Industry. ASNARO-1:http://www.jspacesystems.or.jp/en_project_asnaro/ Courtesy of METI : http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
定点観測による変化抽出
※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 地球観測衛星では、土地利用や災害の様子を把握するため、同一地点を定期的に撮像し(定点観測)、変化を抽出する作業が実施されます。 西之島は噴火によりその姿が大きく変わったことで有名ですが、2017年4月から再び火山活動が活発化しました。これにより今回は島の南西部に多くの溶岩が流れ込みました。このエリアは上陸による調査の時に多くの海鳥の存在が確認された場所と重なります。今回の噴火活動では、火口から流れ出た新たな溶岩が2つの流れとなって、海まで達し、再び島の形を変える状況となっています。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 2014年からの変化をみると、相当量の変化があり、活発な火山活動をしていたことがわかります。人が近づくのが困難な火山活動などを観測できるのが衛星による観測の一つの特徴となっています。 もう一つの事例として、京都を紹介します。 碁盤の目のような市街地を持つ京都を繰り返し撮像したものです。西之島のように大きな変化はありませんが、詳細に拡大してみると変化がわかります。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 上図の橙色部分の京都府庁付近を拡大したものが下の図です。拡大した画像で見ると、土地の利用状況が変化していることが見てとれます。このような変化の抽出には、AI(人工知能)技術の利用が見込まれています。 ※本画像は、Web表示用に圧縮加工したものです。 以上の画像はASNARO-1により撮像されたものをWeb表示用に圧縮加工したものです。 (注) 本記事に掲載された画像は、経済産業省の委託事業の成果を利用したものです。 ASNARO-1:http://www.jspacesystems.or.jp/project_asnaro/ 画像提供:METI http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/space_industry/
1 2 3 4